プロジェクトの概要

はじめに

夜空に星座を描いて神話を紡いでいた太古より、人類は宇宙へ想いを馳せてきました。その想いから夢は生まれ、人類は宇宙飛行士を月面に送り、自らの社会をも宇宙へ広げようとしています。

そんな本格的な宇宙時代の幕が開こうとしている現在、たくさんの人工衛星が地球の周りを回っています。
そして、ここに新しいコンセプトの人工衛星が加わる事になりました。民間の個人の集まり、想いを共有する人と人とのつながりで打上げる初めての人工衛星プロジェクト。それが「ドリームサテライトプロジェクト」です!

みんなでお金を出し合って自分たちの人工衛星を打上げたい!

かつて東大阪の町工場の技術を集めて打上げられた「まいど1号」。その総責任者だった菊池秀明さんの想いからドリームサテライトプロジェクトはスタートしました。

国家プロジェクトや大学などの研究目的、企業のビジネス用途など、限られた組織や団体だけしか人工衛星の打上げに携わることが出来なかった時代を経て、今ここに私たちは新しい一歩を踏み出そうとしています。

テレビのニュースや新聞の記事の中の出来事でしかなかった人工衛星の打上げが民間の個人の集まりで出来る。
専門知識や経験の有無にかかわらず、一人1万円(人工衛星区分保有購入費)でオーナーになることによって、誰でも宇宙に関わる事が出来る。
ドリームサテライトプロジェクトは21世紀の「夢」を見られるところまで育ってきました。

そして、その「夢」を叶えるためにはもっと多くの「仲間」が必要です。宇宙の広がりが無限であるように、夢見る仲間たちとの絆も無限です。

「ドリームサテライトプロジェクト ~1000人の仲間で打上げる人工衛星~」という、プロジェクトのタイトルには、現代に生きる私たちが忘れがちな大切なものを込めました。

来るべき宇宙時代の扉を「仲間」と一緒に開けてみませんか?
私たちみんなで「夢」を叶えてみませんか?


「産・学・民」が力を合わせて

ドリームサテライトプロジェクトは、「産・学・民」が力を合わせて推進している人工衛星打上げプロジェクトです。

航空宇宙産業の関係者だけでなく、大学の先生や学生、宇宙好きの市民が人工衛星の共同オーナーになって宇宙に「夢」を打上げます。
イラストレーターや書道家、歌手といった様々なアーティストの方々にもご賛同いただだいております。

また、プロジェクトを応援するイベントやライブなども開催され、好評を博しています。